2007年11月05日

課題_01_02

美術館もしくは博物館のシンボルマークを制作する。

20日に展開したものと合わせて提出。
・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

色は3色まで。CMYKは 5% 刻み。ひとつの面に体するグラデーションは用いない。 
ロゴタイプを添える。既成の書体でよい。

1.シンボルマークとロゴタイプを縦に組んだ物、

2.横に組んだ物を制作する。

3.美術館は、どんな目的で、どんな作品を展示するのかを設定し、名前をつける。

例)
目的=日常のあたりまえな物事に、美術的な視野を持ち込むことにより、日々の暮らしを楽しくする。
作品=駐車禁止を促す貼紙や車止めで、美術的な意味合いを含む物を公募し、展示する。
名前=駐禁美術館

4.マークの由来を述べる。

例)
形=生活・車止め・美術を表す、3つのプラコーンを環状にしたもの。また、日常生活に美術的な視点を加えることで得られる楽しさが、繰り返されていくことを表す。
色=マゼンタを用いる。注目を促すが、赤ほど緊急性を要しないこと。人工的な色合いが大量生産・大量消費社会を思わせ、現代的な美術を連想させること。既製のプラコーンにマゼンタがないことなどによる。

1.2.3.4.をA4にレイアウトする。





【関連する記事】
posted by 三輪 at 11:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 課題_01 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。